2008年09月☆小遣いはブログで得よう

小遣いをブログで得るために、役立つ情報を集めています。



私もそうですが、アフィリエイト参入後発組であるほど、
これから伸びていく市場で勝負していくべきだと思いませんか?

私は例えばこれです。
興味を感じたら、クリックしてみてください! ↓↓




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夫の小遣いを考える

☆この記事は、「夫の小遣いを考える◆夫の小遣いはいくら?」から引用させていただいています。




共働き夫婦のみなさん、

旦那さんのお小遣い

はおいくらですか?
 
 このホームページの「夫婦の財布は1つ?別々?」
 
 の内容とも関連しますが、夫婦のお財布を1つにしているのでならば
 

お小遣いは

毎月いくらと設定されている方が多いことと思います。


 
 我が家はというと、
 
 「日本の夫の小遣いの平均額程度(予想)」と思われます。
 
 平均っていくら?と思われた方、検索エンジンで
 
 「夫 小遣い 平均」
 
 などとキーワードを入れて検索してみてください。
 
 非常にたくさんの情報が得られます。
 
 なお、それらの情報によると、

日本の旦那さまのお小遣いは


 
 バブル期と比べると、平均がかなり低い水準にあるようです。
  
 一般的に夫のお小遣いは、共働き夫婦に限らず、
 
 月収の1割を目安にするといいという話をどこかで聞いたことがあります。
 
 よって我が家の旦那様のお小遣いは、それを採用しています。
 
 

そのお小遣いには

何が含まれるかというと
 
 ①飲み会代(会社のつきあいの場合は別途わたすときもある)  ②お茶代   
 
 ③お弁当を持っていけなかった時のランチ代  ④電車の中で読む本代 
 
 などが主な項目です。
      
   
 我が家の夫はタバコを吸わないので、       

 タバコ代が不要である点はかなり良いと思います。
 
 タバコを吸う旦那さんだと、

 さらにタバコ代もかかりますが、
 
 昔と比較するとタバコも価格が高くなってきたので、

 かなりお小遣いを圧迫することになるでしょう。
 
 私の知り合いの中には、

 奥さんはお酒を飲まないために
 
 夕飯のときに飲むビールでさえも

 タバコと同じ嗜好品であるとみなして

 

夫のお小遣いから

出している夫婦もいるみたいです。



 話を我が家へ戻すと、我が家の夫の話を聞くと

 「②お茶代」が結構かかっているようです。
 
 ③はほとんどお弁当を持って行くのでたまにかかるのみなのですが、

 仕事柄、喫茶店で話を打ち合わせしたりすることが多いようで
 
 「②お茶代」の出費は半分は仕方がない状況となっているようです。
 
 そんな夫を見て、少しでも、お小遣いを多く残せたほうが良いだろうと、

 私は、夫のお弁当と一緒にスリムな水筒を入れています。
 
 中には冷たいお茶が入っています。

 ほとんど飲んでいないときもあるけれど、いつでも冷たいお茶が飲めるので

 喫茶店以外でペットボトルのお茶を買うことがなくなったと言って喜んでいました。
 
 ちなみに水筒は、お茶をフタに出して飲むタイプではなく、

 ワンタッチでフタを開けて、すぐにゴクゴク飲めて見た目もかっこいいタイプのものです。

 水筒っていうと、ちびちび出して飲む姿が何だかかっこよくないなー。

 っと思ってた夫も、これなら満足しているようです。
 
 また、④の本代も小説などは、

 BOOK OFFなどをちょこちょこ利用するようになったようで

 決められた範囲に納めようと、努めてくれているようです。

 ①の飲み会代は、頻度にもよりますが、友人との飲み会ではなく、

 会社の飲み会が多くて足りそうにないときは、援助することにしています。

 働いていれば、付き合いもあるということは、働いている私も理解できるので、

 そこはあまりしめすぎないように気をつけています。

 共働きしてると、妻の方も会社の付き合いで飲みに行くこともありますし、

 そういった付き合いも大切に、つながりを大切に共働きを続けたいと思うので

 そこは仕方のない点でもあります。



<引用元>

http://tmbt.net/ottokodukai.html
スポンサーサイト

テーマ:アフィリエイト稼ぐ初心者入門 - ジャンル:アフィリエイト

  1. 2008/09/07(日) 01:07:52|
  2. 未分類

ブログの登場によって・・・

☆この記事は、「テキストサイトとフォントいじり」から引用させていただいています。




昔、ネット上にテキストサイトが隆盛を誇っていた時代がありました。
サイトのデザインも今のように洗練されておらず、本当に文字の修飾と改行だけでサイトが成り立っていた時代です。

人気だったテキストサイトとしては「侍魂」などがありますが、じつは見たことがありません。
ただ、有名でないところでも、似たようなことをやっていて面白かったサイトは、少なくなかったんですよね。
特にまだネットがここまで一般に広がっていなかった時代ですから、それこそいろんな人が狭い世界ながら面白さを追求していろいろなことをやっていたわけです。
俗にいう「フォントいじり」を多用していたサイト。
いつの間にか「フォントいじりは見づらい、中二病だ」という風潮が広がって、今ではそれを見るのすら珍しいことになってしまいましたが。


その頃に流行り出していたのが、レンタル日記です。
レンタルといっても無料で、企業が日記スペースを貸し出してそこで日記を書くという類のものです。
いまやはてな村と言われるはてなダイアリーだって、もともとはこれだったのです。
このころはこれがメインというわけではなく、「こういう日記が別にあったらかっこいいんじゃないの」というノリでやっていた人が多かったような気がします。


ブログが現れたのが、

2004年でしょうか。
僕は、

ブログも

レンタル日記の延長線上だと考えていました。
正直言えば、システムとしては同じなんですよね、見た目が違うだけで。
「CGI日記」というのを体裁を整えて「ブログ」と言い直した、といった方が適切かもしれません。
そもそも

ブログとは「weblog」、

ウェブ上に残しておくログという意味合いです。
だからよく言われる「トラックバックがあるからないから」というのはちょっと

ブログの定義とは

違うのですよ。
だから、レンタル日記の亜種でしかないと思っていたものがここまで広がった時は、驚きましたね。

ブログの流行と同時に、

テキストサイトなどの「タグ打ち」サイトが廃れていきました。

ブログは更新が

圧倒的に楽だからです。
ただ、サイトの面白さって、どうしてもかけた時間に比例するところがあるのです。
楽な分更新時間が減り、質の低下というのも兆候が見えだした時代でした。(サイトがブログ化するとネタが面白くなくなり、管理人が更新をさぼり出す、ということが法則のように言われていた)


いま、フォントいじりをしているサイトは極端に少ないです。
ほとんどが標準サイズか小さいサイズのまま、文章を打ち込んでいる感じがあります。
もしかすると、フォントいじりの方法が分からない人もいるかもしれませんね。


よく見かける「長文だとすぐにウインドウを閉じてしまう」というのは、文章を読む力がないのでもサボっているのでもなく、文章にインパクトや面白さがないだけなのです。
昔の時代のテキストでは、キーワードのフォントをでかくして色を変えることである程度の概要がつかめたんです。
それと比べると、今のテキストはどこをどう読んだらいいか分からないという文章が、正直多いですよね。
その代わりに出てきたのは、特に漫画系で見られる「画像」というインパクトを用いて記事を作る人たち。
フォントいじりが画像にとってかわったのかもしれないなあと思ったりもします。


最近ちょっと見かけた「今はサイトが重い」という話。
そりゃ重いです、デザインの高度化により企業サイト並に画像を使うサイトやいろいろなシステムを組み込むところが増えてきたのですから。
かつては画像を使ったサイトは開くのが遅い上に重いので敬遠されていたのが、今では普通になりましたね。
このサイトも、かつては「ガッチガチなTABLEは重くなる」と言われたTABLEタグを基調に組み上げていますが、それでもうちより重いサイトってかなりあるのではないでしょうか。


ここまで成熟したネット社会。
この期に及んであえてフォントをいじってみるのも面白いかもと思いました。




<引用元>

http://hakanayuki.sakura.ne.jp/c017.html

テーマ:アフィリエイト~はじめの第一歩~ - ジャンル:アフィリエイト

  1. 2008/09/04(木) 20:39:45|
  2. 未分類

著名人ブログあれこれ

☆この記事は、「著名人ブログ - ブログファン ブログ総合情報」から引用させていただいています。



著名人ブログ




政治家ブログ



[09-03 18:24] 松山哲男 [09-03 18:01] 両角みのる [09-03 16:40] 井出よしひろ [09-03 15:45] 大平敏弘 [09-03 13:11] 松坂英樹


社長ブログ



[09-03 13:43] 白石崇 [09-03 13:33] 藤田晋 [09-03 10:40] 岩切敏晃 [09-03 06:10] 渡邉裕晃 [09-03 05:41] 川上暁生


ミュージシャンブログ



[09-03 16:59] Lyrico [09-03 16:35] トライセラトップス [09-03 15:30] 木村カエラ [09-03 00:50] kiyo(Janne Da Arc) [09-02 23:53] つじあやの


スポーツ選手ブログ



[09-03 18:51] 江連忠 [09-03 16:19] 河野真吾 [09-03 16:14] 佐々木健介 [09-03 13:58] 為末大 [09-03 13:08] スペル・デルフィン


アイドルブログ



[09-03 19:12] 中川翔子 [09-03 18:39] 吉井怜 [09-03 18:22] 村木友紀 [09-03 14:55] 青山愛子 [09-03 14:24] 浦えりか


俳優・女優ブログ



[09-03 17:05] 甲斐麻美 [09-03 15:24] 西郷輝彦 [09-03 15:00] 本名陽子 [09-03 14:15] 次山嘉一 [09-03 13:59] 野村真美


芸人ブログ



[09-03 18:52] だいたひかる [09-03 15:32] 大村朋宏 [09-03 14:21] 大谷ノブヒコ [09-03 11:42] あべこうじ [09-03 07:05] 小堀裕之


モデルブログ



[09-03 16:34] 高垣麗子 [09-03 15:34] 押切もえ [09-03 15:15] 藤井悠 [09-03 15:01] 菅井悦子 [09-03 13:00] EMI


芸能人ブログ



[09-03 18:42] ラッキィ池田 [09-03 18:28] スザンヌ [09-03 16:52] 篠原ともえ [09-03 14:54] 辺見えみり [09-03 14:13] 東原亜希


声優ブログ



[09-03 14:42] 平野綾 [09-03 13:41] 仙台エリ [09-03 12:47] 野島健児 [09-03 11:00] 水田わさび [09-03 09:14] 宮永麻衣


作家・評論家ブログ



[09-03 15:46] 清谷信一 [09-03 12:45] 神田敏晶 [09-03 09:11] 増田真樹 [09-03 00:26] 東浩紀 [09-03 00:15] おちまさと


その他著名人ブログ



[09-03 18:00] 乙部綾子 [09-03 08:24] 木村剛 [09-02 15:52] 手塚眞 [09-02 01:20] フローラン・ダバディー [09-02 00:13] 岡本兄弟



<引用元>

http://www.blogfan.org/celeblog/
  1. 2008/09/03(水) 19:40:34|
  2. 未分類

ビジネスブログというサービス

☆この記事は、「ビジネスブログ制作|ホームページ作成会社アジルスイート(岡山、札幌)」から引用させていただいています。


こちらのサービスは、私はまだ利用したわけではないので、推薦というわけではありません。
こんなサービスがあるというご紹介です。
その旨、お含み置きください。


   _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


自分で手軽に情報発信!

ビジネスブログ

の作り方

「ブログ」とは

ホームページの一種で、簡単に言うと、メールを書くのと同じくらい簡単にホームページを作成できるソフトウェアのことです。
最近では会社のホームページをブログで作成したり、企業からの情報発信の場としてビジネスブログを作成する例も増えてきました。会社がホームページを作る時、従来からある普通のホームページにすることもできますし、ブログで作成することもできるようになったわけです。では、どちらがよいのでしょうか。

基本的には、「社内からの情報発信を気軽に行いたい」、「人に頼まず自分で更新したい」、という場合は

ブログがおすすめです。

「更新頻度が高くない」、「いくらか保守料金を払っても更新はプロにしてもらう方がいい」という場合はブログにする必要はないと思います。

よく「ブログはSEO(検索エンジン対策)に効く」などと言われますが、これは微妙です。アマチュアが作るホームページに比べればそう言えるのですが、プロが作る場合は(内容にもよりますが)ブログでも、ブログでなくても差はありません。ですから、ここでは「自分で更新したい」、「ビジネスブログを作りたい」とお考えの方に向けて、ご説明します。


ビジネスブログのメリット


HTMLを知らなくても、新しいページの追加、変更が誰でも簡単にできる
訪問者が増えやすい仕組みなので、より多くの人に見てもらえる
訪問者による書き込みが可能で、顧客との対話が簡単にできる
社内でホームページを更新したり、しばしば新しい情報を発信したい企業様には

ビジネスブログをおすすめします。

簡単にホームページを更新できる上に、顧客との対話機能も標準で備えているビジネスブログ。これはもう、ビジネスに活用しない手はありません。




<引用元>

http://www.agilesuite.co.jp/web-design/businessblog.html

テーマ:超初心者のアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

  1. 2008/09/01(月) 18:37:16|
  2. 未分類

旦那の小遣いで節約

☆この記事は、「節約旦那の作り方」から引用させていただいています。



実践!実践編のポイント

■まずは現品支給で♪

タバコやジュースなど、現品支給に変えれるものは変えましょう。
旦那様も、

お小遣いの額面

は減っても実際の生活はほとんど変わらないので、割りと簡単に了承してくれるでしょう。
そうすると、日によっては財布を全く開かない日も出てくるかも。
そのことで、自然と旦那様の無駄使いが抑えられます。

■趣味・娯楽費予算は別に♪

旦那様の大好きな趣味や娯楽費は、なるべく削らない方がいいと思います。
その部分を削ると、本当にギチギチの、楽しみのない節約になってしまいます。
そうは言っても、お金があると際限なく趣味・娯楽につぎ込んでしまう人もいますから、趣味・娯楽費は

お小遣いとは別枠

で家計予算をとり、予算内に収まるように管理しましょう。

■楽しいと感じさせられたら、節約旦那の誕生♪

ここまでのことを実行して来たら、以前よりは旦那様の無駄使いが減り、旦那様の趣味・娯楽に使うお金も管理でき、

お小遣いにも家計にも、

少しゆとりが出来ているかもしれません。
それを、旦那様に嬉しいと思わせられたら、こっちのものです。

無駄遣いを止め、自分自身にもゆとりを持ち、それを楽しむことが出来る、そうなったら立派な節約旦那の誕生です。

後は、ご夫婦の話し合いで、

お小遣いの額

を決めていけばいいと思います。


<引用元>

http://mayusaku.chu.jp/dannnakaikakakusetuyaku.html
  1. 2008/09/01(月) 17:55:53|
  2. 未分類

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。